首頁 >経済

【中國キーワード】職場の「35歳危機」は打ち破れるか?

人民網日本語版2022-03-17 10:43

 今年の全國両會(全國人民代表大會?中國人民政治協商會議)で、働くことに関連して最も注目されたのは、なんと言っても「職場での35歳の壁を打ち破る」という話題だろう。この話題をめぐり、數名の代表?委員が相次いで発言し、検索ワードランキングでもたびたび上位に入った。

 35歳は本當にカベなのか。年齢制限をなくし、「35歳危機」を打ち破ることは可能か。

 35歳の壁はそもそもどこから來たか?

 一般的な法則から言えば、人間の創造力は生まれつきのものではない。知識や見識が急速に増加し、體も健康的に成長するにつれ、創造力は20歳前後から爆発的に発達し始める。30歳前後になると衰退が始まるが、経験を積み重ね法則を深く理解するようになっているため、創造力が減退するどころか、逆に増大して、37歳頃にピークに達する。

 心理學から見ると、35歳は生理的な曲がり角であり、これに社會的な役割の曲がり角が重なるという。人の生理的機能も30歳前後から老化が始まり、さらに家庭での役割と職場での役割が絶えず移り変わること、仕事のプレッシャーが徐々に増大することが加わる。こうした狀況をしっかり克服できなければ、「燃え盡き癥候群」になることもある。

 そのため、過去を振り返ると、社會の年齢構造が相対的に若く、労働力の供給が相対的に充足している狀況では、公務員の選抜でも企業の求人でも、35歳を年齢の上限とし、最大の価値を創出することを期待するという傾向が強かった。

 35歳のカベは今も合理的と言えるか?

 今年の政府活動報告では、「性別や年齢などによる職業上の差別を斷固として防止?是正し、労働者の合法的権利を侵害する突出した問題の解決に力を入れる」ことが明確に打ち出された。

 全國人民代表大會(全人代)の代表を務める華南師範大學の林勇教授は、公務員試験で35歳未満の制限撤廃を提案した?!?5歳未満の制限が多くの企業?機関が人材を募集する時に設けるカベになっているが、人口の長期的にバランスの取れた発展のニーズに適応していない」という。

 林氏は、「現在、『90後(1990年代生まれ)』と『00後(2000年代生まれ)』が結婚や出産?育児の中心となっているが、複數の要因の影響を受けて、結婚や出産を遅らせる現象が非常に目立つ。これはつまり、女性が25歳を過ぎてから1人目の子どもを産むとすれば、2人目や3人目を生むと30歳過ぎになっており、中には35歳になる人もいるということだ。出産を終えて職場に戻りたいと思っても、『35歳未満の制限』により阻まれてしまう」と指摘した。

 林氏は、「『35歳未満の制限』を撤廃すれば、女性が適齢期での出産とキャリアアップを両立する上でプラスになり、計畫出産政策を調整し、人口増加を促進し、人口ボーナスを高める重要な関連措置になる」と述べた。

 精神的に落ち著いた人が必要なポジションもある

 「私の読者の中には、35歳を迎えている人がたくさんいる。この人たちは知識レベルが追いつかなくて仕事を失うのではない。中にはインテリもいるし、経験のレベルもおしなべて高い。しかし仕事を探す時にはやはり35歳という難関に阻まれてしまう」。このように話す全人代の代表を務める蔣勝男さんは、有名な腳本家でありネット作家で、膨大な読者層を抱えている。

 蔣さんの分析によると、人が大學を卒業してから35歳になるまでの時期は、何年にもわたって職場で経験を積んでおり、仕事や業務という點でも世渡りの経験という點でも成熟の段階に達し、まさに働き盛りであり、大活躍する時期でもある。

 この見方に共感する人もいる?!敢徊郡违荪弗伐绁螭摔膜い皮?、自分は35歳以上の人の方が適任だと思っている」と話す初一さん(仮名)は杭州市の企業のヒューマンリソース部門で働き、最近は人材募集と応募者の面接で忙しいという?!腹芾砺殼蚰技工霑rは、35歳過ぎがいいと思う。一定のキャリアがあり、仕事が手堅く、精神的に落ち著いた人がよりふさわしい。財務管理のポジションなどは、35歳は働き盛りだ」と初一さん。

 年齢制限撤廃 労働者の生活健康レベル向上にプラス

 ここ數年、社會の各界が「全ライフサイクル」にしばしば言及するようになり、全ライフサイクルの健康という大きなテーマに関心を寄せるようになった。

  たとえばこんな見方がある?!附瘠渖鐣辖U済成長の安定期に入り、私たちは社會民生、福祉保障の向上に関心を寄せなければならない。殘業したり時間外労働をしたりしてしゃにむに働き、上から瓶をつるし手を緩めたら瓶が割れるという緊張感に駆り立てられるような価値観はもはや現代にはそぐわない。人々の仕事も暮らしもより健康的で秩序があるべきだ、より多くの時間を家庭のことに當て、子育てに関わり、生活の健康レベルを引き上げると同時に、社會の消費を全體として推進し促進するべきだ」。

 優秀な人に対して年齢を問わずにして初めて、働く人は安全感を得られる?!缸苑证蚋撙幛毪郡幛蚊銖?、家庭や育児のケアには、ある程度の時間が必要だ」。

 公務員募集の年齢制限を撤廃すればモデルの役割を果たす

 職場における35歳未満の年齢制限をどのように改善したらよいだろうか。蔣さんは、「まず公務員の募集で率先して殻を破るのがいい。すべての企業が一気にこの制限を撤廃するというのは現実的ではない。公務員の募集を一番最初に打破する関門にすればいい」と話した。

 林さんの見方では、差し迫って必要な人材、ハイレベルの人材、専門性の高いポジション、経済的に遅れた地域では、人材募集時の年齢制限撤廃の先行テストを検討するとよい。それから制限の全面撤廃を模索し、人的資源?社會保障部(?。─巍傅?4次五カ年計畫」で打ち出した「小幅の調整、弾力的な実施、分類に基づく推進、統一的計畫と各方面への配慮」などの原則を踏まえて、段階的に法定の定年の引き上げを適切に実施し、基本養老金(年金)を受け取れる支払期間の下限を徐々に引き上げ、定年の延長実施と公務員募集時の年齢制限の全面的撤廃を統一的に計畫し、必要であれば、この2點を同時に進めるとよいという。

 「35歳危機」を回避するために、何をするべきか?

 大部分の人が35歳危機にぶつかる根本的な理由は、企業が設けたカベだけでなく、若いときに目先の収入増加ばかり追いかけてきたことにも一因がある。年齢を重ねても、職業上の技能が深まりや広がりを見せなければ、知らず知らずのうちに將來に多くの問題の種を殘すことになる。

 そのため「35歳の壁」を前にして、働く人自身も早くから計畫を立て、自分の能力を絶えず高める必要がある。

 まずは生涯にわたる適応力を高めることだ。勉強を続けることはキャリアアップの盡きることのない原動力であり、生涯にわたる學びを強化し、新しい知識や技能を身につけることになり、より多くのキャリアアップのポテンシャルを與えてくれる。

 それだけでなく、環境に積極的かつ主體的に適応することも必要だ。突如発生した新型コロナウイルス感染癥にしても、デジタル化技術の必然的な流れにしても、こうした不確実な未來をコントロールすることはできない。私たちはただ環境の変化に順応し、環境の変化に基づいて自分の行動を絶えず調整するしかない。

 自分が時代に遅れないようにして初めて、真に「35歳危機」を恐れなくなるのだ。

日本成人电影免费在线